» 日記のブログ記事

私には、現在高校生と、中学生になる子供がいます。

私自身は、一人っ子で、さらにかぎっ子だったので、家ではいつもさみしい思いをしていました。

なので、自分が親になったら、子供は絶対に二人以上欲しいと思っていました。

小さいころはかわいく、今は頼もしく

子どもたちが小さい頃は、二人の子供を見ているだけでかわいかったです。

そして、成長を見るのが楽しかったです。

が、その期間を過ぎて、大きくなった今は、すっかりたくましくなりました。

そして生意気になって、可愛いとはほど遠くなってしまいました。

が、反対に色々な事を相談したり、頼んだりできる、とても頼りがいのある頼もしい信頼できる存在になってくれています。

親子というよりは、友人に近い関係

また、親子というよりは、友人に近い関係ができています。

一緒に買い物に行ったり、映画を観に行ったり。

小さい頃とは違う関係ができて、これはこれでとても楽しいものです。

一番うれしくて楽しい時間

私が一番うれしくて楽しい時間。

それは、家族で食卓を囲みながら、子供たちの小さい頃の思い出を話しながら、時にはアルバムを引っ張り出したりして盛り上がることです。

昔のかわいかった頃の思い出をしゃべって盛り上がっていると時間があっという間に過ぎます。

子供たちが可愛かった頃が懐かしい思いもあります。

が、今こうしてみんな元気に思い出話に花を咲かすことができることをありがたく思います。

朝テレビや携帯などで、はからずも占いを見ている方って多いんじゃないでしょうか。

私もなんとなく朝の準備中につけているテレビで占いがやっているので、習慣的に見てしまっています。

そしてそんな中、私はその占いに関係したある法則に気がついたのです。

占いで最下位だと、どんな気持ちになりますか?

皆さん占いで最下位だ、とやはりがっかりしてしまいますよね。

そんな本気で見ていないとはいえ、少し気分が落ちてしまう方もいるんじゃないでしょうか。

そして、そんな日に限って仕事などでミスをしてしまうなんて経験も、中にはあると思います。

私の不思議な法則

しかし、私は、占いで最下位の日は、なぜか大抵良い事が起こったり、物事がうまくいくんです。

というのも、最下位だと、逆に

「占いなんかに負けない様に頑張る」

といった感じで気合いが入るんですよね。

逆境をバネにする感じと似ています。

ですから皆さんも占いの準備もやる気に変えてみる事をおすすめします。

恋人でいる期間、それはトキメキあり、切なさありのステキで大切な時間です。

お互いに予定を調節してのデートの時間も、限りがあるからこそ、この上無く楽しく感じるのかも。

「ずっとこの時間が続けばいいのに。」

とか

「このまま、ずっと一緒に過ごしたい。」とか、そんな風に思うのは当然ですね。

「結婚したい」と思ったのは、デートの時の別れ際

私も結婚する前、一番切なく、「結婚したい」と思ったのは、デートの時の別れ際でした(T_T)/~~~

「今度はいつ会えるんだろう」とか、バイバイした直後でも、すぐに会いたくなって・・・

「結婚しようか」と言いだしたのは、私でした。

「もう、バイバイするのはイヤだから。」と。

まぁ実際のところ、結婚してもお互い仕事があって、いっつも一緒って訳にはいかないんだけどね。

毎日夫が帰ってくるのが、嬉しかった

でも、結婚当初、毎日夫が自分のところに帰って来てくれるのが、嬉しくて嬉しくて(*^_^*)

結婚して数年、お互いの休日も、必ず一緒に過ごす訳ではありません。

それでも、安心なんです。

数日、出張や旅行で離れていたとしても、もう、寂しくありません。

切なさやトキメキが無くなったとしても、私たちは、家族だから。

もちろん、いつまでも無条件で帰って来てくれるとは思っていません。

夫が帰ってきたい家を作るのが、私の仕事だと思って、頑張っています。