» i-サイトリンクのブログ記事

週末にお客さんが沢山来られたので、珈琲豆の在庫がなくなってしまったんです。

珈琲が無いと毎朝の楽しみが無くなっちゃう……と、慌てて買い出しに行きました☆

わざわざ電車に乗って(笑)

珈琲には拘りがある

大雑把な私ですけど、珈琲には拘りがあるのです!

普段は節約!節約!と言ってますが、これくらい贅沢したいんです!

といっても、めちゃくちゃに高級な豆は買えないので、200gで1000円ほどのものです。

スーパーの豆よりちょっと高いんですけど、手が出せない範囲ではないですよね。

もちろん、最初に買った時は贅沢しちゃったとドキドキしましたけど(笑)

本当に美味しい珈琲専門店の珈琲豆

そんな贅沢な珈琲豆ですが、これが本当に美味しいのです。

さすがは珈琲専門店です。

ご夫婦で経営されている小さなお店なんですけど、どれも選び抜かれた豆ばかり。

コロコロと季節によってメニューが変わるので、行くたびに楽しい気分になれちゃいます☆

店の奥に焙煎する機械があって、併設カフェで豆のガラガラ鳴る音を聞きながら珈琲を頂くのも幸せ!

そんなわけで、今朝は挽きたての美味しい珈琲を飲む事が出来ました。

あぁ、幸せ!

近頃、バイナリーオプションという金融商品の話題を目にすることが多くなりました。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、「米ドル/円」などの通貨を選んで、上がるか下がるかを予想するという投資商品とのことです。

上下(ハイアンドロー)以外の判定方法を扱う業者もあるようです。

が、いずれにしても二者択一の判定です。

短期間で結果が出るもの。

シンプルでわかりやすく、初心者が始めやすい投資方法だなと思います。

自分は今は安定的な資産運用しかしてません。

現在自分では、銀行預金の他は貯蓄型の保険に加入しているだけで、さほど積極的な資産運用を行っていません。

FXも今とても人気のある投資ですし、手軽に始められると聞きます。

ただ自分自身は、あまり決断力のある方ではありません。

なので、どのタイミングで損切りするかなどを判断するのが難しそうに感じてしまいます。

その点、バイナリーオプションの場合は判定時間が決まっています。

いつまでも様子を見てしまうことがなく、リスク管理がしやすそうで良いなと思います。

また1000円などの少額から取引できるところも、始めやすくて魅力に感じます。

少額でもリスクはある

とは言え、少額でもリスクはあります。

始めるのであればまずは基礎をある程度勉強することからです。

またバイナリーオプションを扱っている業者もいろいろあります。

取引時間帯なども違うので、比較することも大切だなと思います。

たくさん稼ぐ方もいらっしゃるでしょうが、実際に自分がやるとしたら、性格的にお小遣い稼ぎぐらいのスタンスでいるのがいちばん良いように思います。

私は賃貸アパートを経営しています。

もともと水田だったんですが、周りに住宅が建ち始めました。

それで、アパートを経営しても経営が成り立つと判断して始めました。

建築したのは、1LDKと2LDKの複合タイプ

建設したのは今から3年ほど前、1LDKが5部屋2LDKが5部屋の計10部屋です。

かかった費用は1億円です。

30年ローンを組みました。

土地建物は親名義なので、アパート経営で相続税の節税も兼ねています。

借金はしたくなかったけど、心が傾いた

借金は出来るだけ作りたくないので、アパートも建てたくなかったんです。

が、営業マンが自宅に訪ねてきて、話を聞いているうちに心が傾いてきました。

知り合いにも同じハウスメーカーでアパートを経営している人がいるした。

その人の意見も参考にしました。

アパートは30年一括契約で、幸い満室

このアパートは30年一括契約です。

すべてハウスメーカー子会社の不動産管理会社が手続きなどは行ってくれます。

幸いなことに現在は満室です。

何回か入れ替わりがありましたが、すぐに次の居住者が決まります。

近くにもアパートがあります。

が、そこは空き部屋があるので、不動産会社の営業力には感謝しています。

同じようなアパートが急増なのが心配

ただ心配事は最近同じようなアパートが急増していることです。

賃貸アパアート専門の大東建託が「これでもか」というくらい建設しています。

家賃相場も下がるし、正直やめて欲しいです。

また30年一括契約といっても、2年に1回契約更新があり、入居状況によって賃料は変動します。

なので契約するときは注意が必要です。

アパート経営はリスクが大きい

アパート経営はリスクが大きいと思います。

30年先まで入居者がいるかわかりませんから。

当然大手のハウスメーカーは、そのあたりの予測をして営業に来るわけです。

が、そうではない会社もありまので、いろいろな業者に相談することをおすすめします。